【佐藤】初めて関西大会を経験した3人が所属する「チャレンジャー強化クラス」とは!?

from 佐藤 佐藤 
 

チャレンジャー強化クラスから 
3人のジュニアが「関西小学生テニス選手権」に挑戦しました。 
 

ユニークでテニスを始めたのが2年前で、 
週2回以上練習をするようになって1年弱です。 
 

まさか、その3人がいいプレーをしたり、 
勝利するなんで思ってもいませんでした。 
 

当によく頑張ったと思います。 
 

チャレンジャー強化クラスの目的は 
「ジュニアテニスプレーヤーを経験する」ことです。 
 

・どんな練習をするのか? 

・公式戦はどんな雰囲気なのか? 

・レッスン以外に何をするのか? 
 

などを体感してもらい、 
少しずつジュニアテニスの世界を知ってもらいます。 
 

エントリー・チャレンジャークラスの子達には 
試合を経験したり、合宿に参加することプッシュします。 
 

ただし、チャレンジャー強化クラス以上は 
僕たちからプッシュはせず、本人の「意志」を大切にしています。 
 

ただし、「意志」だけでは足りません、 
そこには「結果」も必要になってきます。 
 

「結果」を出すことができる頑張りと 
「結果」を出すことが出来る能力が必要です。 
 

チャレンジャー強化クラスは、 
アカデミー・アカデミー育成クラスとは違い、 
エントリー・チャレンジャークラスとも違います。 
 

チャレンジャー強化クラスは 
初めての公式戦を「経験」する。 
 

ユニーク内大会の内部大会の結果ではなく、 
公式戦で「結果」を出してみる。 
 

そこで「有能感」や「挫折」を経験し、 
それでも挑戦する「決意」を持つのです。 
 

この「経験」「結果」「決意」を 
小学生の間に出来ることを求めています。 
 

なぜ、小学生の間に求めるかというと、中学生になる時には、 
決意が中途半端になり決断が出来ないことが多いからです。 
 

進学により、勉強面や部活動への意識が高まり、 
環境が大きく変わる時期になり、 
 

「経験」も無く、「結果」を出したことが無い事に 
「決意」を持って継続するのは難しいと思います。 
 

今は厳しいと感じるかもしれませんが、 
僕たちは「決意」に迷い、後悔してきた子供達を見てきました。 
 

「もしかしたら、あの時・・・」と思わせないためにも 
今、経験してもらい「決意」を持ってしてほしいと考えています。 
 

また、アカデミー育成クラスに入るには高い基準がありますが、 
それを乗り越えるという目標が持てることも 
チャレンジャー強化クラスの良さでもあります。 
 

結果が求められますが、そうした環境の中で 
結果の出し方を考えたり、結果が出せなかった挫折を体験することが 
 

大人になってから知るよりも、 
子供の頃から経験することが大切だと考えています。 
 

Share on Facebook

15:00 | ■佐藤_日記, 指導方針, 熱い想い |

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介