【下】1日最低5試合保障。これは価値がある。

simo

ユニークスタイルの下です。

コーチから試合後のアドバイスの一場面。

コーチ「試合慣れが必要ですね。」

Aさん「分かりました。試合にたくさんでます。」

数ヶ月後・・・

Aさん「5試合出場しましたが、1回しか勝てませんでした。」

コーチ「そっか。次は、頑張ろう」

このような話は、よく聞きます。

5トーナメントには出場したけれど、
試合数としては、6試合しかしていません。

しかも、レベルが違うと、6-0や6-1で、
あっという間に終わってしまいます。

6-0や6-1で負けることに意味がないと
言っているのではありません。

試合に慣れることを、「数」として捉えた時に、
1回戦負けばかりしていると、時間がかかってしまいます。

しかも、負けてばかりだと自信や意欲を失っていきます。

そうなると、「数」が出来て、「レベル」が同じぐらいの
試合があると良いです。

それが、先日実施した、「闘魂総順位」になります。

当日運営をさせて頂いたので、実際に僕が感じたことを書きます。

一番感じたことは、試合数をする中での、気持ちの変化です。

・最初の試合に負けたことを、ずっと引きずってプレーしている選手。

・誰に勝つと目標を決めてきたため、最後まで集中力が持たなかった選手。

・どの試合にも全力でぶつかっていけた選手。

・試合での反省をすぐにフィードバックしていた選手。

・1日に5試合もしたことがなく、体力も気力も限界に近かった選手。

一日を通して気持ちを安定させることは、簡単なことではありません。

ましてや、負けても次の試合があります。

気持ちのコントロール(切り替え)が必要になります。

戦術的なことも数をこなすことで、向上します。

成功体験と失敗体験を繰り返すことで、成功体験が増え、
対応力がつき、基準ができるからです。

試合では、技術ではなく、精神面や
戦術面が鍛えられることが多いと思います。

1日に5試合を経験できることで、成長のスピードは
加速度的に増すことになります。

試合経験が必要だと思っている選手は、ぜひ参加してみて下さい。

終わった時には、変化がきっとあるはずです。

※次回の闘魂総順位の開催は、こちらになります。

Share on Facebook

15:12 | ■下_日記 | タグ: ,

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介