【丸谷】コーチだって、腹が立つ。週刊文ちゅんVo1

From 


週刊文ちゅん編集長 丸谷




今日は黒田コーチの

「不人気説の実態」に迫ります。




■丸谷:

なぁ、なぁ

そうごのクラスって

なんであんなにシーンとしてるん?(笑)




◆黒田:

っていうか、これどんな企画なんですか(笑)


シーンとしてる、っていうか

たまに子供たちがサーっと引くんです。


僕、相手が子供であっても

練習をまじめに一生懸命やってないと

腹立つんですよね。


自分が選手で厳しい環境でやってきたので、

選手として自分でテニスを選んで

おきながら、そこに打ち込まない子

がいると、厳しい言葉を使ってしまうのです。


特にエントリー強化、チャレンジャー強化

以上は、選手として見ているので、


コーチが

「盛り上げて頑張れる雰囲気を作ってあげる」

ということが苦手です。

苦手というか、まだその必要性が整理できていないのです。


自分で強化を選んできたのであれば、

一生懸命やるべきだ、と思って接してしまうんですよね。


求めすぎるんですかね?

どう思いますか?




■丸谷: 

ええんちゃう。

それはそうごの色であり個性やから。


そもそも俺たちの仕事は生徒に気に入れられることじゃなく

子供の成長に本気で関わること。


俺はエンジョイ志向で自分に優しいから、

そうごのクラスいかへんけど(笑)




◆黒田:

ストイックすぎるんですかね?




■丸谷:

中学からテニス始めてプロなったやつやからな(笑)


でもそんなコーチいるのも

ユニークらしいやん。


優しく、楽しませてくれるだけがコーチじゃないし

厳しく、無口で、ストイックに

ただ練習に打ち込むコーチがいてもいい。


俺も育成コーチやってた頃は、選手たち、よく泣いてたもんな。    

怖すぎて(笑)




◆黒田:

熱入れたら、そうなりますよね。


僕、この前プライベートレッスンでも、

ギリギリのボールを追わなかったジュニアがいて

本気で腹立ちましたもん。


でも強い言葉を使わないようにしたら、

黙るしかなく、黙りながら何度もギリギリのコースに

ボールを送り、無言の追い込みをかけました(笑)




■丸谷:

それ、怖すぎるやろ(笑)




◆黒田:

テニスは楽しいだけじゃないんです。


本気で目指す、ということは

厳しくも冷酷でもあります。

それに本気でやれば、夢を与えてくれますが

夢を奪われるのも競技の世界です。


僕はその厳しさも伝えたい上で

乗り越える精神的な強さも感じてほしい。


    

梅澤コーチみたいに、楽しく雰囲気を作ってやる

練習もいいな、とも思いますが、僕がユニークに

求められていることは、僕の経験をフィードバックすること。


それが僕のユニーク立ち位置だと思っています。




■丸谷:

マジメか(笑)


マジメのわりに

ちょんまげって、おもろいな(笑)




◆黒田:

そうですね(笑)

じゃあ、ちょんまげ今度切ってみます(笑)




■丸谷:

切っても練習怖いから、いかへんけどな(笑)




・・




続く


 

Share on Facebook

2018年8月10日11:02 | ■丸谷_日記, 黒田コーチ

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介