【下】「クラスを上げる」「回数を増やす」タイミングとは!?

simo


ユニークスタイルの下です。


スポーツクラス、エントリークラス、チャレンジャークラスは、
レベル(技術)で分けているのではなく、年齢で分けています。


技術で分かれていると思いがちですが、年齢です。


その理由としては、


・体力的なこと。


・話をしっかり聞けるか。


・みんなと仲良くできるか。


などが挙げられます。


まだまだテニスを楽しむ。興味を持つ。といった導入期
ですので、自分の環境にあった場所を選択すれば良いと思います。


では、「クラスが合っているのかこのままでいいのか?
もう少しフォームを教えてほしいな。」
などと思った場合にどうしたらよいのでしょうか。


その時は本人に、


「楽しいか?もっとやりたいのか?
どうしたいのか?」


を聞いてみると良いと思います。


そこで、「もっとやりたい。フォームを教えてほしい。」
と言ったとすれば、とても成長していると捉えたら良いと思います。


好きだったことが、もっと好きになっている。
上手くなりたいという向上心もでてきている。


行動を起こす時は、本人の感情を大切にすることがよいと思います。


本人の感情や想いを無視して強制してしまうと、
嫌いになってしまうケースが多いです。


クラスを上げるといったことに対しては、本人の感情が
わかりやすいですが、フォームを矯正することに対しては、
わかりづらいですし、気をつけています。


求めていたとしても、矯正することは簡単なことではありません。


時間がかかる。その時は、うまくいかないことが多くなる。


この状況に耐えることができると判断すれば、
フォームを教えようと考えています。


今は、フォームを教えないのではなく、少しづつ伝えて
時間をかけ、言い続ける時期だと思っています。


では、子供たちがどんな感情を抱くと聞き入れたり、
素直に行動するのでしょうか。


「悔しい。嬉しい。」


だと思います。


それが、一番現われるのは、試合です。


勝ち、負けがはっきり出るからです。


感情が動いた時に、行動することが成果が得られやすいと
考えているので、「クラスを上げる」「回数を増やす」
タイミングは試合後が一つのタイミングだと思います。

Share on Facebook

2014年9月30日16:01 | ■下_日記

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介