【梅澤】U1大会前に親が子供に出来ること。

梅澤康雄こんにちは。
ユニークスタイルの梅澤です。

明日から、今年最後の月に入りますね。

ユニークでも今年最後のU1グランプリが
土曜日に行われます。

参加してくれる子供たちも、大会が近づくに
つれ、家でソワソワしたり、落ち着きがない、
不安な表情をするなどがあるかもしれません。

今日は、U1グランプリに参加する子供の
お父さん、お母さんに向けて書きたいと思い
ます。

まず、大会が近づくにつれ子供たちによくある
のが、緊張です。

緊張すること自体に慣れていない子供にとって、
緊張はいけない事と考えてしまうことが多いです。

そうなると、子供の気持ちは焦り不安・恐怖に
なってしまいやすくなります。

親が緊張している子供に向けて、「緊張するのは
悪いことじゃないよ」と笑顔で言ってあげて下さい。

スポーツをやっていると、緊張からすごい集中力が
発揮されて、普段以上の力が出せたという場合も
あります。

ですから、緊張すること自体は悪いことではないと
子供に教えてあげましょう。

「緊張してきたわ~」と不安は表情を見せる子供には。

「緊張してもいいんだよ。」
「緊張しても大丈夫!もしかしたら、いつも以上の力が
出せるかも!」と伝えてあげてください。

次に、本番でしっかり実力を発揮出来る子とそうでない
子の違いについてです。

何が違うのでしょうか。

・本番に強い子供。
「自分は出来るんだ!」という自信を持っているので、
落ち着いてプレーができ、自分の実力を発揮できる。

・本番に弱い子供。
「どうせ負けるもん」や「絶対ムリ~」とやる前、試合
途中から感じさせる表情や態度が見られる。そうなると、
自分の力を出し切ることなく、プレーが終わる。

親としては、子供には負けても一生懸命テニスを
頑張って
くれればと思っていても、子供がそう感じ
てはいないというのは
よくあります。

この場合親が子供にプレッシャーをかけていたり、過程
より結果を見て子供と話しをしている可能性があります。

もちろん、「そんなつもりはない」というのが親の意見
でしょうが、子供はこういったところには敏感です。

何気なく言っている言葉の中に、結果につながりそうな
言葉があると、そう感じるのかもしれません。

今回のU1に参加する子供のお父さんやお母さんにも
親として子供にしてあげられることがあります。

まず1つ目は、褒めることです。

どんな小さなことでもいいから褒めることが大切です。

ついつい出来ていないところに目が行きがちですが、
まず出来ているところを褒めていきましょう。

2つ目は、声を掛けることです。

親からの「頑張れよ!」や「しっかり見てるで!」
という言葉にプレッシャーを感じてしまう子はとても
多いです。

自信のない子にとってはより緊張させる言葉になって
しまいます。

「いつも通りのプレーで楽しんでおいで」、「失敗しても
大丈夫やで!」と声を掛けてあげると、子供の肩の力が
抜くことが出来ます。

3つ目は、深呼吸です。

緊張すると交感神経が活発になり筋肉が収縮し心拍数が
上がり呼吸が速くなり、行動もせっかちになりがちです。

ゆっくりお腹から大きく深呼吸することで、副交感神経の
働きを高めて緊張を和らげる効果があります。

それでも緊張しているなら、「そのままでも大丈夫!」と
いう気持ちを伝え、「いい感じに緊張しているな!!」と
言葉掛けをしてあげると良いでしょう。

子供たちにとって、緊張するという経験はあまりないですが、
小さい子供うちから体験していくと心が強くなります。

緊張になかなか慣れられなくても、「緊張はしたけど、何とか
できた!」という経験がとても大切です。

こういった場面を経験して、U1グランプリ後により成長した
姿を見せてくれるみんなを楽しみにしています。

U1グランプリを楽しむのは子供たちだけでなく、お父さん、
お母さん方にもU1を楽しんでいただきたいと思います。

本番まであともう少しですが、親が子供にできることを
いっしょにやってあげてください。

そうすると、子供の成長や変化が見られ、U1の見方が
増え、楽しくなることでしょう!

U1グランプリに参加するみんな!U1をおもいっきり
楽しんでね!!それまでに体調を崩さないよう気を
つけてね。

U1グランプリをサポートしてくれるアカデミークラス、
チャレンジャー選抜、チャレンジャー強化の選手の
みんな!当日はよろしくお願いします!!

Share on Facebook

2016年11月30日16:00 | ■梅沢_日記

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介