【佐藤】1年前の自分より成長しているはずなのに勝てない理由は?

佐藤卓也from 佐藤



一年前の自分と比べてください。



きっと、テニスは上達していると
自負しているはずです。



でも、試合になかなか
勝てないのではないでしょうか?



それは、周りのライバルたちも
同じように上達しているから



当たり前のことです。



練習して、上達して、
試合に勝てるようになるには
どうしたらいいのか?



シンプルな答えは
「練習量を増やす」です。



いきなり、1日の練習を
3時間増やすとか



週3回から毎日するのは
ちょっとだけ無理があると思います。



だからこそ、みんなが
「練習を休む時に練習をする」ことを
選択することができれば



周りのライバルよりは
練習量が多くなる。



「みんなが練習を休む時」とは
どういった時か?



例えば、、、



雨の日で練習が
出来ない時や


テスト週間中の
練習を休んでいる時


などが考えられます。



でも、「練習時間を増やす」ということは
そう簡単ではありません。



もう一つの方法が
考えられます。



もう一つの答えは
「練習の質を高める」ことです。



自分ができる
100%を出し切ることです。



声を出す
諦めない
受け答えを正す
姿勢を整える



誰もが先生やコーチに
一度は言われたことがあるフレーズです。



それが出来ないのは自分だけでなく
同年代の多くが出来ていないのです。



それが普通だと思います。



だからこそ、その普通を
乗り越えてることが



「質を高める」ことに
つながると思います。



「練習時間を増やす」こと
「練習の質を高める」こと



言うことは簡単ですが
実行することは本当に難しい



だからと言って、
出来ないわけではない。



これからのみんなに
期待しています。


Share on Facebook

2017年10月31日15:00 | ■佐藤_日記

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介