【佐藤】Sクラスで求めるのは「習う」ではなく「学ぶ」

from 佐藤



「習う」と「学ぶ」には
大きな違いがあると思っています。



解釈は人それぞれなので
今回は僕の考えを伝えます。



習う



教える人がいる。
教えられて身に付けること。
繰り返して行うこと。
答えを聞く、答えの出し方を聞くこと。
具体的でわかりやすい。
忘れやすい。



学ぶ



教える人がいない時もある。
経験から身に付けることがある。
答えの探し方、見つけ方を模索すること。
抽象的でわかりにくい。
忘れにくい。



ユニークは「個性を伸ばす」ことを
大切にしています。



その「個性を伸ばす」ためには
「学ぶ」力が重要だと考えています。



誰でも「習う」から始まります。



でも、同じ時期にスタートした子が
いつの間にか差がついていることがあります。



運動能力の差と考えやすいですが
その運動能力も「学ぶ」力の差です。



「習う」だけで終わっている子は
教えてもらう人がいないと成長しません。



「学ぶ」ようになると
教えてもらう人がいない時も成長します。



「習う」から始まって
「学ぶ」を身に付けることが
成長だと考えています。



「習う」は
技術、礼儀、ルールなど
具体的でわかりやすい



観ている方も
何をやっていて、何を伝えているのか
わかりやすいので受け入れやすい。



また、習ったことは
見た目で表れやすい。



「学ぶ」は
経験、考え方を伝えることが多く
抽象的でわかりにくい



観ている方も
何をやっていて、何を伝えているのか
わかりにくいので不安になりやすい。



また、学んだことは
見た目で表れにくい。



「Sクラス」には
学ぶ力を身に付けることを
伝え続けます。



もっとシンプルに言えば
「自分で考えて、自分で答えを出す」
を求めます。



僕は今すぐの結果や成長よりも
「学ぶ姿勢を身に付ける」を大切にします。



その中で、どんな目標を立てて
そのために何を変えるべきなのかを考えます。



目標を乗り越えることで
もっと大きな目標を持つこと



もう一つは目標を乗り越えられなくて
失敗体験から学ぶ姿勢も大切です。



成績や結果が出ないことを
嘆くのではなく



その結果を受け止めて
「次どうするか?」です。



その繰り返しで、、、



「学ぶ」習慣が身に付けば
僕の想像を超える成果が出ると信じています。


Share on Facebook

2019年3月6日12:00 | ■佐藤_日記

お気に入り登録



問い合わせ

地域のサポート企業紹介