【赤松】目標への行動を長く続ける方法…の1つ(^^)

IMG_6012こんにちは。
メンタルトレーナーの赤松です。



みなさんは、目標を達成するために
自分を変える行動をしていますか?



例えば、体力がないからランニングをするとか、
フットワークが悪いからラダーをするとか。



変えるための行動をした方が
いいのはわかっているし、



いざ「やるぞ!」と決心しても、
毎日やり続けるのが難しかったりします。



三日坊主という言葉があるくらいで、
やり始めて3日ほどすると、



一旦やる気が落ちることがあるんですよね。



いきなり大きなことをやり始めると、
特に長続きしないかもしれませんね。



もしランニングを始めるとするなら、
最初の何日かはやる気があって、
走ることができるかもしれません。



しかし3日くらい経つと少し億劫になってきて、
走りに行かなきゃ」という思いはあるのに、
行動に移せないということがよくあります。



そうすると、
「自分はだめだな」「決めたことが長続きしない」と、
自己嫌悪になったりしませんか?



でも、大丈夫!
よくあることなんです。



3日走ったら、1日や2日は
休んでもいいんじゃないでしょうか?



また3日目から走ればいいんです。



また走りたくない日が来れば、
またすこし休めばいいんです。



そうすれば、全く走らなかった時より
成果はあるのですから。



けれど走らない日でも、
ランニングに向けての行動だけはしておいた方がいいですね。



例えば、ランニングシューズを履いたり、
履いたらそのまま外まで出てみたり。



行動は休憩したとしても、
気持ちは持ち続けるようにしましょう。



目標のために気持ちは
切らさないようにすると、



休憩をしながらでも
自分を変える行動を続けることができるでしょう。



 

Share on Facebook

2017年4月30日12:00 | 赤松

お気に入り登録

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介