【梅澤】試合の結果より、子供の一生懸命を支援することが大切。

こんにちは。

ユニークスタイルの梅澤です。


 


子供が試合から帰ってきて、真っ先に

「今日は勝った?」と一度は聞いたこと

がある親御さんはいらっしゃると思います。


 


一度や二度ぐらいはあるという方もいれば、

毎回聞いている方もおられると思います。


 


試合には必ず勝ち負けがついてきます。

早く結果を聞きたくて仕方がないのも

分かります。


 


ですが、子供が親に聞いてほしいことは

結果ではないことが多いです。


 


親:試合結果。子供:内容、取り組み。


 


この時点で、利き手と話し手にズレが

生じています。


 


試合は、勝つ試合もあれば、当然負ける

試合もあります。


 


子供は、結果でしか親から評価されないと

感じると、テニスをすることがつまらなく思い

ます。


 


テニスの試合の結果を、学校のテストの

結果に置き換えてみましょう。


 


テストの答案用紙を学校から持って帰って

きました。


 


「おかえり。テストは100点やった?」


 


これを毎回子供は聞かれると、どうでしょう。


 


なかなか、しんどい気持ちになりますよ。


 


テストも毎回100点はきついと思います。


 


さらに、「そうか、80点か。100点まであと

20点あるな」と言われたら、勉強へのヤル

気も落ちてしまうかもしれません。


 


これは、すごく極端な例ですが、結果中心に

話しが進んだり、考えたりすると親にとっても

子供にとってもつらいことだと思います。


 


では、どのように聞いてあげれば良いか?


 


・今日の試合、どうだった?楽しかった?

・試合の結果から、何を感じた?どう思った?


 


このようなプレーヤーの心の部分を聞いて

あげるとよいでしょう。


 


その質問に子供が返してきたアンサーに

「そうなんや~」と聞いてあげます。


 


仮に、涙を流しながら「悔しい」と言うので

あれば、「そうか、悔しくなるぐらい頑張っ

たんやな」と声をかけ、そっとしてあげます。


 


親としては、試合結果を具体的に子供から

確認したなりますが、そこは我慢です。


 


結果より、まずは一生懸命に試合をした

子供の話しを聞いてあげ、受け入れます。


 


そして、今後の一生懸命のサポートして

あげることが大切になります。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

Share on Facebook

2017年5月10日13:00 | ■梅沢_日記

お気に入り登録

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介