【闘魂】ジュニアには失敗できる場所が必要

from 佐藤



闘魂総順位を
「失敗できる場所」としても考えてほしいと思います。



県大会までに準備するのは、
スキル向上、体力向上だけでなく
経験値の向上が必要になります



例えば、スライスサーブをしっかり練習して、
本番に挑んでも



相手にリターンされたあとの
次のショットへの対応が悪かった。



セカンドサーブになると
相手のフォアばかりにいってしまう。



練習だけでは気付かないことが
試合では何度も起こりえます。



それをぶっつけ本番で
対応するのは難しい。



だからこそ、ローカル大会に出場して
試合で起こりうる出来事を経験して



本番で何かしらのアクシデントがあっても
対応できる経験を積むことが大切です。



失敗してもいい場所なので
そこで思い切ったチャレンジもすることで



思った以上に良いプレーも
出来ることに気付くかもしれません。



「失敗できない」と思い
丁寧なプレーをするより
実は思い切ったほうが良いプレーが出来る。



それも経験の一つだと思います。



スキルの確認の場であったり
課題をもって試合に挑んでみたり
やりたいことをやってみたり



色んなプレーを
どんどんチャレンジする場になれば


参加したみんなにとっても
良い経験になると思います。



その積み重ねが
県大会で発揮されると最高ですね!!


Share on Facebook

14:57 | ■佐藤_日記, 闘魂総順位ジュニア大会 | タグ:

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介