【闘魂】オープンスキルとクローズドスキル

ユニークニュース
闘魂9ゲーム練習会、エントリーリストが公開しました。
今回は30分時間制限の練習会のため、ドローはありません。

休憩の希望が出ない限りは、次々と、ひらすらゲームを行います。


目的は「勝った、負けた」を繰り返し、ゲームに慣れて、ゲームをしながら、
全面コートで練習をすることが目的です。

スポーツに必要な技術向上のための要素は、その運動環境によって2つに分類できます。

■オープンスキル

・絶えず変化し、不安定で予測が不可能な環境で行う。
・外的要因に左右される。

テニスはこの「オープンスキル型」のスポーツになります。

その他にもこの要素が多い競技として、サッカー、テニス、バスケ、バレーボール、野球などの球技、
フェンシング、ボクシング、レスリング、柔道などの相手と対戦型の競技などがあります。
ではその逆の「クローズドスキル」はというと…

■クローズドスキル

・変化が少なく、安定して予測が可能な環境で行う。
・外的要因に左右されにくい。

この要素が多い競技として、体操、水泳、陸上、ゴルフ、アーチェリー、弓道などがあります。

対戦相手などで、外的要因によって左右される要素が強い競技を
「オープンスキル」といい、テニスはこれに当てはまります。

試合に強い子は、このオープンスキル型の練習をとにかく多く行っています。

「オープンスキル」は対戦相手がいて、常に変化する状況に対応して、
良いプレーを選択できる判断力とそれを実行できる技術力が技術の向上には必要なのです。

判断と実行、そして予測など。

練習では味わえない実戦での感覚を、全面コートで繰り返し行って下さい。


それが今回の闘魂参加者が「試合に強くなれる」大きな可能性です。
なので、負けても負けても、ひたすら試合を「練習マッチ」だと思い挑戦しつづける姿勢を期待します。

エントリーリストはこちらです。

http://www.uniq-style.net/pdf/toukon9-drow.pdf

闘魂総順位

Share on Facebook

07:24 | テクニック | タグ:

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介