【佐藤】U1グランプリで「試合に勝つ」を目指してもらいたい。

佐藤卓也from 佐藤


今日は、チャレンジャー、エントリー強化の
U1グランプリが行われました。


途中、雨で中断もあり、
時間がギリギリになりましたが
無事に終えることができました。


最後、試合が長引いて
ジャンケン大会や集合写真に
間に合わなかった子たち


本当にごめんね。


でも、最後に良い試合が
観られてよかったよ。


今回、総勢47名が
参加してくれました。


今回、運営しながら
思ったことがあります。


5月から担当クラスが変わり、
ステップアップでクラスを変わったりで


直接教えている子が少なくなり
久しぶりにプレーしている姿を見る子が多く、

その成長にビックリしました。


あの空振りばかりしていた子が?

あの子がちゃんと声出してジャッジしいてる?

えっ!!あの子が優勝?

 

やっぱり、子供の成長は早いですね。


そんな変化を試合進行して
結果を見ながら楽しんでいました。


ユニークスタイルの方針を考えている時に
真っ先に決めたことが


「試合に勝つ」を目指すことでした。


このU1グランプリでは
2つの目的があります。


「試合に勝つ」を目指すことで、
子供たちには、ゲームの楽しさ、難しさ、
勝った時の嬉しさ、負けた時の悔しさを感じて欲しい。


お父さんお母さんにお子さんには、
子供の感情の変化「喜怒哀楽」を見て欲しい。


そして、挑戦して、どんな結果になって、
「次、どうするか?」を親子で話し合う時間


そんな時間を過ごして欲しいと思っています。


参加してくれた子供達
長い時間、温かく見守ってくれた保護者のみなさん


長い一日でしたが、
本当にありがとうございました。

 

追伸

大会をサポートしてくれた、
アカデミー、チャレンジャー選抜のみんなも


試合進行だけじゃなくて、
僕に気を遣ってコーヒーを買ってきてくれたり、
差し入れをくれたりして、


時間への焦りも減り、穏やかに運営できたので
本当に助かりました。ありがとう!!


夏休みの最後の3日間は、
残った宿題を頑張ってやってください。

Share on Facebook

21:37 | ■佐藤_日記, チーム内大会 | タグ: ,

ブックマーク






問い合わせ

地域のサポート企業紹介