【メルマガ】試合に勝てないのを「メンタル」のせいにしていませんか?

今日は僕が執筆している
「お父さんのためのテニス教室」のメルマガをご紹介します。



●お父さんのためのテニス教室メルマガ
●2014年9月18日号



お父さんの為のテニス教室の佐藤です。



この夏、多くの試合を観戦してきました。 
 


そこで試合後の報告で 
私が気になった内容があります。 
 


その報告の中で多かったキーワードが 
「メンタル面が弱かったです」という言葉です。 
 


・上手くプレー出来ない自分にイライラする 
・ビビって思い切ったプレーが出来なくなる 
・いつもリードするけど、なぜか逆転される 
 


など、試合で負けるパターンによくあり、 
その理由を「メンタルが弱かった」になっています。 
 


では、どうしたら「メンタル」は強くなるの? 
という問いに多かった答えが、、、 
 


「本を読む」 
 


最近ではヒントになりそうな本が 
書店のスポーツコーナーにたくさんあります。 
 


私自身も興味があり何冊か読む事があり、 
成功しているスポーツ選手の堅実さを感じます。 
 


しかし、そこから「メンタル面」が強くなるのではなく 
モチベーションが上がる内容が多くあります。 
 


そういった本に書いてある内容の多くが「基本」であり、 
その言い回し方が多少違いますが、似ている内容が多くあります。 
※個人的意見です。 
 


その「モチベーションが上がること」と「メンタル面が強くなること」を 
同じように考えていると、失敗を繰り返してしまう可能性が高いと思います。 
 


では、「メンタル面を強くする」にはどうしたらいいのか? 
今、私が考えるのは「情報と知識」を蓄えることです。 
 


勝敗の原因を「メンタル面の弱さ」とするのは 
失敗の原因を的確に判断出来ないことだと考えています。 
 


・大事なところでサービスゲームを落とした。 
・接戦をモノに出来なかった。 
・デュースまで行くけど、ゲームが取れない。 
・攻めているのに攻めきれない。 
・我慢強く粘っているのに相手に決められる。 
 


など、どうしてそうなってしまったのかが 
わからないままのことが多くないでしょうか? 
 


その答えを見つけるには「情報」が必要になります。 
 


・自分はどんなプレーをしていたのか? 
・相手はどんなプレーヤーだったのか? 
・自分はどんな戦術で相手と戦ったのか? 
・相手はどんな戦術で自分と戦ったのか? 
 


こうした「情報」を説明できるようになると 
「傾向と対策」が立てられるようになってきます。



そうなれば、必要とする「技術」や「戦術」が明確になり、 
求めるモノのために充実した練習が取組めるようになります。 
 


例えば、、、バックハンド(両手打ち)のミスが多かったとしましょう。 
 


「情報」「知識」がなければ、 
フォームばかりが気になるでしょう。 
 


ですが、どういった状況でミスをしたのか? 
 という「情報」があれば対策が立てれます。 
 


場合によっては、 
バックハンドのスライスを多用すればいいかもしれません。 
 


話を戻しますが、、、 
どうしたら「メンタル面」は強くなるのか? 
 


「本を読む」という答えは正解だと思います。 
ですが、読むべき本を間違えてはいけません。 
 


多くのジュニア選手に足りないのは「戦術と戦略」です。 
 


プロの技術やプレースタイルをマネするだけでなく、 
テニスというゲームへの理解を深めることをお勧めします。 
 


この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。



配信は毎週水曜日の20:30を予定しています


登録は無料で、解除はいつでも自由に行えるのでご安心ください。

登録はお名前、メールアドレス、お住まいをご入力頂き、最後に「申込みボタン」を押して下さい。


確認メールが届きましたら、翌水曜日より、メールマガジンが届きます。


※普段からよく使うパソコンのアドレスをお勧めします。

携帯メール、Yahoo、hotmailでは届かない場合がございます。


メルマガ登録誘導


メールアドレス お住まいの地域

 

 

 

 

Share on Facebook

2019年2月1日12:00 | ■メルマガ

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介