【黒ならPart37】実は、プロ登録って誰でも出来る!?

From 黒田


ーーーーーーーーーーーーーーー
プロって
すごく強い人だけがなるんでしょ?


スポンサー契約など
有名選手だけがなるんでしょ?


優勝とかして
賞金稼ぐ人だけがなるんでしょ?
ーーーーーーーーーーーーーーー


そう思ってるキミ!!


今回は、
【日本のプロ登録】
についてお話しましょう。


 


まず、
「どんな人が、プロ登録をする必要があるのか?」


 


日本テニス協会にはこう記されています。


1.対象
次の各項のいずれかに該当する者は、
プロフェッショナルとして登録する必要がある。


①プロ活動に加盟所属する者。
②所属会社の契約が、民法上の雇用契約によらず、請負契約による者。
③賞金・懸賞金など、金銭的報酬を得るために競技する者。
④いかなる大会においても、市価5万円以上の賞品
 または1日当たり2万円を超える経費を得た者、及び実質以上に旅費を得た者。
⑤商業上の表示物を衣服又は腰部に付着して、金銭的利益を得た者。
⑥国外にてプロ活動をしている日本国籍を保持し、
 本協会ナショナルチーム選手として活動する者。


 


ココだけを見ると
「やっぱり、強い人だけがなるんじゃん~」
と思ってしまいますよね、、、


しかし、
次の項目を読んでみると


、、、


 


2.種類
プロフェッショナル登録は、次の2種類とする。


①トーナメント・プロフェッショナル
 次のいずれかにあてはまる競技者
 ●シングルス  JTAランキング100位以上
 ●ダブルス   JTAランキング50位以上


②レジスタード・プロフェッショナル
 次のいずれかにあてはまるテニスを職業としている競技者
 ●シングルス  JTAランキング101位以下
 ●ダブルス   JTAランキング51位以下
 ●ランキングを持たない競技者
  JTAランキングが、シングルス100位以内または
  ダブルス50位以内に入った場合、本人の申請によって
  トーナメント・プロフェッショナルへ移行される。


 


!?!?!?!?


「ランキング下位でも
 プロ登録できちゃうじゃん!?」


 


そうなんです!
実はランキングに関わらず
プロ登録ができるそうなのです。


 


年齢やランキングに関係なく
「夢のプロテニスプレーヤー」
目指すことができるシステムなんて


すごく粋な計らいです!
日本テニス協会さん、ありがとう!!


 


でも、
研修や申請、審査、規約などは
きちんと決められているので、


本気で目指そうと思う方は、
必ずコチラを見てくださいね。
日本テニス協会


 


さてさて


今回は、
【日本のプロ登録】
についてお話ししましたが、


日本テニス協会が
なぜこの様なシステムを採用しているのか?


「全てのプレーヤーの先には、全日本がある」


そう言いたいのではないか、と僕は思っています。


 


テニスを始めて
その面白さに魅了されてしまい
毎週のようにテニススクールに通い、


もっとレベルを上げるために
毎日練習をしたり、
YouTubeなど動画から学んだり、


クラブ内イベントや外部大会に
出場し、それに向けて練習している全ての生徒




テニスが楽しくて
テニスが大好きで
テニスなしでは生きられない


そんな全ての
テニス好きの進む先には、全日本がある!!


 


僕が初めて出場した大会は
地元の市民大会でした。


当時は、そこが
全日本に繋がってるなんて
夢にも思っていませんでしたし
全日本の存在すら知りません。(笑)


本部の人に教えてもらったり
会場にいる人のマネをしてみたり
まさに挙動不審だったことでしょう。


 


しかし、そこから
テニスの面白さにハマってしまい、


楽しいだけで歩んでいた道が
まさか全日本に繋がっていたなんて


歩いた僕自身も
驚きを隠せませんでした。


 


みんなが出場している
イベントや外部大会が、
【全日本へのスタートライン】


今、その道の上に立っているのですね!!

Share on Facebook

21:00 | 黒田コーチ | タグ: , , , ,

ブックマーク






問い合わせ

地域のサポート企業紹介