【佐藤】テスト1週間前に練習を休んでいいのか?

from 佐藤


まず始めに、、、

楽しい、大笑いした
バレンタインデーでした。





女の子らしく
色々なお菓子を包んでくれたり


賞状みたいな袋に包んでくれたり
手紙を書いてくれたり


その手紙の内容も面白かったし
嬉しかった。


そんな中、僕がウケたのは、、、





ビニール袋に
うまい棒5本(牛タン味)


それには理由があったみたいで、
作ったチョコが車の中で溶けて
急遽、代わりのモノってなったらしい。


でも、気持ちが伝わって
今までにない衝撃があって
新鮮なプレゼントでした。


楽しかったし、嬉しかったし、
本当にありがとう。


美味しくいただきました。


本題に入ります!!

僕は「休むな」って伝えています。
それでも休む人はいます。


でも、ジュニアの中には
何が何でも練習に参加する子もいれば


テスト1週間前は
練習を1時間短縮して早退する
と条件を伝えてくる子もいます。


僕が観ているのは
その対応力を確認しています。


根性で乗り越えようとするのか?
自分のやりたいことを優先するのか?
条件を伝えて来るのか?
黙って休むのか?

中学生から大学生まで
「定期テスト」がずっと繰り返してあります。


中学生はその「定期テスト」に
慣れる期間だと考えています。


重要なのは、どんな慣れ方をするのか?


テスト期間だけ一生懸命勉強する。
テスト前日に一夜漬けで勉強する。
塾で定期的に勉強する。
日頃からスキマ時間で勉強する。

僕はテスト前日タイプでした。


だから、テスト1週間前も
ずっと練習してました。


部活動は休みになるから
他校の部活に参加したりしました。
あとで顧問に怒られましたけど…。

それではダメだと高校後半で気付き、
大学受験期だけ一生懸命勉強しました。


それでも、
テニスコーチを目指した時には


ダメだと気付き、
スキマ時間を大切にしています。


僕が伝えたいのは、
中学生時の慣れ方が重要ってことです。


僕はこの時期
誰かに指導されたことはありませんでした。


ただ、1週間前は部活が休みになり
勉強する時間にしなさい。


それが当たり前になってました。
それが普通だった時代かもしれません。


でも、簡単に追いつけない
一芸一能を持った子は違ってました。


その一芸一能の為に多くの時間を費やしますが
スキマ時間に勉強もしています。


学校の成績が良いかはわかりませんが
時間の使い方が上手かったり
一つのことに取組む集中力を長けてます。


それが大人になってから
大きな差になっていることを感じています。


今の時代でも、
「大人になってからの勉強する習慣」
の差が大きくなっているので


今の子ども達が大人になった時には、
もっと大きな差が生じている可能性があります。


学生時代に学ぶべきことは、、、


成績を上げるために勉強するのではなく、
大人になっても勉強する習慣を身に付けること

ではないでしょうか?


ただし、誤解しないでほしいのが、
学生時代に学ぶことの
選択肢の一つってことです。


学力でトップを目指すことも
学生の醍醐味でもあります。


「テスト1週間前に練習を休まない」というのも
選択肢の一つで


それを示すことで
どうするかを考えることが
勉強の一つだと考えています。


2021年2月15日12:10 | ■ 佐藤コーチ

お気に入り登録






問い合わせ

地域のサポート企業紹介