【佐藤】テスト前でも練習する理由

from 佐藤



これを
伝え続ける意味は



「練習に必ず参加しろ」という
意味ではありません。



どこかで練習すればいい。
どこかでトレーニングすればいい。



と思っています。



でも、自分一人では
自分に甘えてしまうレベルで
中途半端になる



そんな人が
練習を休んで



空いた時間すべて
勉強するとは思えない。



その時間、塾に行ったとしても
集中力が保つかわからない。



それなら、
1時間でも30分でも
練習に参加する。



そこから時間の使い方を
学んだ方がいいと思います。



その日はテニスだけ頑張る
その日は勉強だけ頑張る



これは頑張っているつもりで
どちらかをサボってます。



これも「隠れおサボりさん」です。



今まででも、
成長した人、成果を出した人は
両方に全力で頑張っていました。



ただし、 成長する・結果を出す
タイミングはバラバラです。



今・ちょっと先・もっと先なのか
わからないけど。



伝え続ける意図は、
勘違いしないようにするためです。



テスト週間は
勉強しなければならない。



ではありません。



テニスも同じで試合前は
練習を頑張らなければならない。



ではありません。



いつも継続的に
頑張れよって言う意味です。



その習慣を身に付けるために
伝え続けています。

 

Share on Facebook

2019年10月15日14:00 | ■佐藤_日記

お気に入り登録



問い合わせ

地域のサポート企業紹介