【メルマガ】「サポートすること」と「アドバイスをすること」の違いとは!?

今日は僕が執筆している
「お父さんのためのテニス教室」のメルマガをご紹介します。


佐藤卓也●お父さんのためのテニス教室メルマガ
●2014年8月6日号


過去に、、、


1.保護者が荷物を運んでいる?

2.場所取りをして、荷物を放置している?


について、意見を伝えさせていただきました。
あと、一つだけ気になっていることがあります。


3.保護者がアドバイスをしている?


保護者が「サポートすること」は大切なことです。


ですが、「サポートすること」と
「アドバイスをすること」は違うのではないでしょうか?


例えば、、、


試合のスコアシートを書いて、
選手にみせることはサポートになるでしょう。


でも、その結果を見て、「もっと●●したほうがいい」
「相手の●●を狙った方がいい」はアドバイスになります。


こうしたアドバイスは「選手とコーチ」で行うことが
もっとも良い結果になる可能性が高くなると思います。


もし、コーチが不在の場合でも、アドバイスをするのではなく、
練習内容やコーチとのやりとりを思い出させる環境を作ることが
サポートすることではないでしょうか。


きっと、保護者の方も熱心に勉強をされていると思いますが、
指導されているコーチはもっと専門分野の勉強をしていたり、
数多くの場数を踏み、対応方法や判断が優れていると思います。


「選手とコーチ」の関係性を大切にすることも
サポートする側に必要なことだと思います。


また、子供をサポートすることは大切なことですが、
もっとも重要なことがあるのではないでしょうか?


それは「子供を育てている」ということです。


「試合に勝つ」ということは
選手自身が強く思えれば良いことです。


子供達は、選手として活動することで
多くのことを経験して学ぶのです。


その中には失敗も経験しますが、
そこから立ち上がることも大切な経験になります。


その失敗を避け、できる限りの成功を収めるために
保護者のサポートが過剰になっていると感じました。


今回、この内容を書くことにしたのは
自分も注意しないといけないと感じたからです。


教え子や我が子の勝利だけを追いかけ、
周りが見えなくなり、「育成」という立場を忘れてしまう。


成功に導くことも大切ですが、
失敗を許す、失敗から立ち上がれるようにサポートする。


それも子供たちの周りにいる大人の役目だと考えています。


この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。



配信は毎週水曜日の20:30を予定しています

登録は無料で、解除はいつでも自由に行えるのでご安心ください。
登録はお名前、メールアドレス、お住まいをご入力頂き、最後に「申込みボタン」を押して下さい。


確認メールが届きましたら、翌水曜日より、メールマガジンが届きます。

※普段からよく使うパソコンのアドレスをお勧めします。
携帯メール、Yahoo、hotmailでは届かない場合がございます。


メルマガ登録誘導

メールアドレス お住まいの地域

Share on Facebook

14:00 | ■メルマガ | タグ: , ,

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介