【梅澤】U-1グランプリ ~チャレンジャークラス&エントリー強化クラス編~

stepup2015s

梅澤康雄ユニークスタイルの梅澤です。

僕は、ユニークに来てから初めてU-1グランプリ大会を
見させてもらいました。

今回、主に試合観戦させていただいたのが、「チャレンジャー
クラス&エントリー強化クラス」でした。

会場では、普段の練習とは違う、大会独特の緊張感がありました。

いつも大きな声で挨拶してくれる子も、この時ばかりは緊張からか
挨拶の声が小さくなったり、逆に気持ちがハイになり過ぎてたくさん
しゃべる子もいましたし、じっと待っていられず本部付近をウロウロ
しながら気持ちを落ち着かせようとする子もいたりと、それぞれいろ
んな行動を見せてくれました。

そんな緊張感がある中で、様々な成長を感じることができました。
・今回、初めてこのU-1グランプリに出場し、見事優勝しました。

普段の練習では、とても優しく、いつもニコニコしながらテニスを
楽しんでくれているのですが、この時ばかりは、とても真剣な表情で
勝つことを意識したテニスをしてくれました。優勝本当におめでとう!
素晴らしいテニスでした。もっと上を目指して頑張ってください!
・集中が途切れ途切れでも、最後までベストを尽くそうと頑張ってました。

最近、練習の中でも転びそうにになる、または転ぶまで走ってでもボールを
返そうとするようになってきました。それによって試合中も勝ちたい気持ち
が折れなくなりました。ナイスプレー!その気持ちを大切に頑張ろう!!
・緊張のあまり、自分のイメージしているプレーができなかった。でも残りの
一試合一試合を大切にプレーしようと挑みました。

「いつもはもっと足が動くのに、今日は足が上手く動かない」という気持ちが
あり、プレーに焦りが出ていました。しかし、1ポイント1ポイント事にしっかり
構えて、足を動かしてなんとかじぶんおリズムを掴もうと必死にプレーしていく
中で、ようやくリズムが掴めるようになり、一試合ずつ良いプレーができるように
なりました。よく頑張ったね!なんとかしようと自分で考え、行動し、勝つという
結果を出せたことは本当に素晴らしいと想います。次の大会こそは優勝だ!!
今回、この慣れない緊張感の中で参加してくれた子供たち一人ひとりから、「この
大会を目標に頑張ってきたんだ!」という気持ちを感じるプレーが見ることが出来
ました。

目標とする大会で結果が出せた選手は、更なる目標を決めてしっかり頑張ってください。
上手いこといかないことも出てくるでしょうが、ここでの自信を忘れずにまた一歩ずつ
進んで行ってください。

残念ながら、この大会で良い結果出せなかった選手のみんなは本当に悔しいと思います。

この悔しいという気持ちは、みんなが本当に勝ちたいという気持ちの強さ、一生懸命に
頑張って練習してきた証拠です。

ここで、悔しいときほど今何をするのか?悔しいときほど何を考えれば良いのか?

誰だっていきなり上手くはなりません。勝つ数より負けた数の方が多いものです。
その中で感じた悔しいという気持ちから、どんな考えや行動を取ったかでまた次の
結果は変わります。

この悔しい気持ちは、上達するために必要な気持ちです。これを放っておかずに上達する
チャンスに変えていこう!!

そして冬のU-1グランプリでは、今回の結果以上の結果を出せるよう今から気持ちと行動を
変えてみよう!気持ちと行動が変われば、上達する流れが必ず出来ます。

まずは日頃の練習の中で毎回小さいな目標(最後まで足を動かすや打ったらすぐ構える、
丁寧にボールを打つなど)を作ってみてください。そういった積み重ねが大きな目標達成へと
繋がっていきます。

Share on Facebook

2015年8月29日18:00 | 未分類

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介