【過去ブログ】伸び悩んでいる状況から脱出するには?

from 佐藤



今、アカデミー、 チャレンジャー選抜の中に
伸び悩んでいる人がいるのでは?



人の成長は
右肩上がりではありません。



上がったり下がったり
何も変わらなかったりします。



そして、今、何も変わらない人と
感じている人が多いのでは?



最初のうちは
「やったぶんだけ成長する」



ある時期になると
「やってもやっても成長を感じない」



それを「プラトー」と言います。



そのプラトーを抜けると
「目に見える成長」を感じられる時が来ます。



このプラトーの時期に
あることを取組むことで
短期間で乗り越えれる可能性があります。



また、プラトーの時期に
色々なことに悩み過ぎて



あることが


出来ていない場合があります。



そのあることとは
「決める」ということです。



・遅刻しないと決める
・何があっても休まないと決める
・サーブ練習を必ずやると決める
・20分ランニングを週3回やると決める



みんなはこの重要性を知っていて
そうしようと思ってるけど



何かしらの理由があって
決め切れていないのでは?



それが、決めても
「出来ないかも」
「出来なかったらもうダメだ」
と思っているのではないか?



実は、そうではなく
出来なかったら出来なかったで



 どうして出来なかったのか?
という新しい問題が発生します。


・時間的な無理があったのか?
・決め方が曖昧だったかも?



それを改善して新たに
「決める」ことをする。



成長著しい人
順調に成長している人
気付いたら差をつけられている人



そうしたほとんどの人が
何かを「決めて」 
行動しているはずです。



そして、決め方が上手い人です。



今まで、練習中に
愚痴ばかりを言っていた中学生が



自分の中で「決める」を実践して
練習に対しての集中力も向上しています。



こうした傾向がある時、
行動に変化があり、
結果にも変化が出てきます。



最後に、
いつも迷ってしまう人へ



テニスは判断と決断の
連続のスポーツです。



「決める」というのは
重要なテクニックです。



まずは、自動販売機の前で
3秒以内に買うのを
「決める」練習をしよう。

 


2020年5月31日18:00 | 過去ブログ

ブックマーク







問い合わせ

地域のサポート企業紹介