【メルマガ】一種のストレスのはけ口になっていませんか?

本日チームウェア最終申し込み

 
 

今日は僕が執筆している  
「お父さんのためのテニス教室」のメルマガをご紹介します。 
 

佐藤卓也●お父さんのためのテニス教室メルマガ
●2012年10月31日号


子供たちがこんなことを言っているのはご存知ですか?
*****************************************************

お母ちゃんは『ちゃんとやらなきゃダメでしょ』とか『ほんとうにダメなんだから』とか、
毎日小言ばっかり言ってくる。


だから、その時は何か他のことを考えて、
できるだけ聞かないようにしている。


だってどうせイライラしてるだけで
本気で言っていないから、聞く意味なんてないもん。

*****************************************************


子供は親の小言が真剣な気持ちからでなく、
一種のストレスのはけ口だと思っているのです。


そして、毎日小言を言っていると
真剣に伝えたい時にも子供たちには伝わらなくなります。


もし、子供に心から何かを伝えたいのであれば、
小言を言うのをやめて、本気の気持ちだけを伝えるようにしなければなりません。


「うちの子は父親の言うことをよく聞く」ってことがあります。


それは普段ではあまり子供のことに細かい口出しをしない父親が、
子供を本気で叱ったとき、その言葉が子供の心に響くからだと思います。


私たち指導者も選手たちには言いたい事が山ほどありますが、
言いたいのを我慢し、一番心に響くタイミングを見計らっています。


そのタイミングがいい場合には
一気に練習の雰囲気も良くなります。


真剣に伝えたい時のためにも、
多少のことを我慢することが指導のテクニックでもあります。


ただし、私が注意していることは、
我慢してはいけないポイントが3つあるということです。


・生き物や施設、使っている道具を故意に傷つけたとき
・故意にウソをついたとき
・人の悪口を言ったとき


ご自宅の教育方針などもあるので少しは違ってくるとは思いますが、


もし、我が子の心に響くような「本気の一喝」を言うのであれば、
多くの場面で我慢をすることをお勧めします。

この内容がお父さんお母さんの参考になれば幸いです。

CCI20151002_0001

人気ブログランキング

配信は毎週水曜日の20:30を予定しています

登録は無料で、解除はいつでも自由に行えるのでご安心ください。
登録はお名前、メールアドレス、お住まいをご入力頂き、最後に「申込みボタン」を押して下さい。


確認メールが届きましたら、翌水曜日より、メールマガジンが届きます。

※普段からよく使うパソコンのアドレスをお勧めします。
携帯メール、Yahoo、hotmailでは届かない場合がございます。


メルマガ登録誘導
メールアドレス お住まいの地域

Share on Facebook

2015年10月8日13:59 | ■メルマガ

お気に入り登録

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介