【丸谷】あなたは「後悔派?」それとも「不満派?」

ユニークスタイルの丸谷です。

丸谷 この前、仕事で頭がぐちゃぐちゃしていたので
たまには…ということで、京都駅ビルにディナーを食べに行った。

キチッとした格好で外出すると
案外疲れるし…

この場所でええんかな?

予約は取れてるんかいな…

やっぱワインとか頼まなあかんねんやろうな…

調子に乗って普通にご飯食べたら良かった…

など、色んなことを考える。

初めて行く店だとアレコレ考える。
初めてする事だとイロイロ考える。

まっ待てよ。

これって仕事と同じやん。

・・・・

・・

初めての事だと、何をしても色々と失敗し、後悔する。
かといって、何もせずにいたら不満もたまる。


不満と後悔、結局、どっちもするもんだと。

であれば、自分は「やった後悔」のほうが
なんか次につながりそうな気がする。

そう思っている。

ユニークスタイルはこの春、新しい動きを起こした。

新しい動きが馴染むまで時間が必要だし
もちろん理解してもらうのも時間が必要だし…

その成果が実感できるにももう少し先かもしれないし
もしかしたら、その選択が失敗かもしれない。

それはわからない。

しかしわかっていることは、

「変化した」にせよ
「変化しないこと」にしても

どっちにしても不満を与えてしまうこと。

対象的に、ジュニアを持つ親や子供も
「アカデミーに対して、やってくれない不満」
を持っている人は多くいる…と思う。(たぶん)

変わることへの不満もあれば、
変わらないことへの不満もある。

それであれば子供たちのやりたいことを先回りして
「やりすぎ、展開が早すぎる不満」を持ってもらうほうが
同じ「不満」を与えてしまうにしても子供たちにとってはいい、と僕たちは判断した。

僕たちの基準は常に「子供」にしたいと思ってるし
子供の成長スピードは、僕たち大人の安心領域をドンドン突破していく。

であれば、子供の成長の先回りをするほうが
周囲にいる僕たち大人は疲れるが

子供が手を引っ張る方向へいってみる方が
「前向きな後悔」になりそうな気がする。

Share on Facebook

13:44 | ■丸谷_日記 | タグ: , , ,

ブックマーク






問い合わせ

地域のサポート企業紹介