【下】ラグビー日本代表の試合に感動 ~その裏にある行動とは!?~

下圭太朗

ユニークスタイルの下です。

過去ワールドカップで2度の優勝。1度の3位。
2度のベスト8。強豪国 南アフリカ。

過去8度のワールドカップに出場するも、勝った
のはたったの1度。チェリーブロッサムズ(ラグビー日本代表)

過去の結果だけを見れば、誰が勝つことを予想できたでしょうか。
相手をみて結果をやる前から決めていることは、ないでしょうか。

僕が現役の時は、正直決めていることがよくありました。
だから結果はいつまでたっても変わりませんでした。

ラグビー日本代表は、勝利することを信じ、自分達を信じる
ことをし続けたのだと思います。それが最後のキックを選択
するのではなく、トライを狙いにいく姿勢に現われていました。

あの局面で、引き分けではなく、あくまでも勝ちを目指す選択が
できるのは、その裏にはとてつもない練習が隠されているのだと思います。

ラグビーの練習時間はあまり多くありません。1日の練習量は、2~4時間程度
だそうです。しかし、日本代表は9時~21時で練習したこともあったそうです。

ワールドカップで勝つために練習してきた。勝つためなら何でもやる。
そんな想いで練習してきたに違いないと思います。

実際のプレーを見ていても気迫があふれていましたし、勝つという
気持ちが全面に出ていました。見ているラグビー素人の僕にも
伝わってきました。

そこまでの気持ちで練習したことはありますか。1日や1ヶ月という話では
ありません。ワールドカップは、4年に1度しかありませんので、最低でも
4年間。2度、3度出場してきている選手は、8~12年間持ち続けていまの
結果があるということです。

ラグビー日本代表で見ると、ワールドカップだけでいうと28年間勝つために
やってきてあの劇的な勝利があったのです。目指すものが大きくなればなるほど、
叶えるのにも時間がかかります。しかし、諦めなければ叶えられるのです。

スポーツは、勝つことに意味があるのではなく、そのプロセスに価値が
あると僕は考えています。「勝ち」を得たいのであれば、そのプロセスは
険しくて当たり前です。楽をして勝てることはありません。

世界大会が目標が大きくて、県大会が目標が低いということは、決してありません。
掲げた目標に対して、努力していくことに変わりないからです。

今までと結果が同じ選手はいませんか?
その多くは、プロセスが同じという場合です。

結果が、変わらないのであれば、方法を変える必要があります。
毎日、強い想いを持って練習に取り組み続けることで、自分の気持ちも
同時に育てることができます。それを繰り返し、本気でやるから結果が変わります。

本気で取り組み、試合当日には自分を信じれるだけの練習をして下さい。
そうすることで必ず結果は変わります。結果を変える選手が出てくることを
期待しています。

———————————————————————————————————-

sozai_img_new
【U-1結果】
アカデミー育成
http://www.uniq-style.net/pdf/u-1-2015natu_akademiikusei.kekka
チャレンジャー強化・選抜
http://www.uniq-style.net/pdf/u1-2015aki-charekyou.kekka.pdf

【お知らせ】
月例ゲーム練習会

sozai_img_new
10月4日 日 第二浄化センター エン強&チャレンジャー     満員
10月11日 日 第二浄化センター チャレ強&チャレ選      満員
10月18日 日 第二浄化センター チャレ強&チャレ選  県ジュニアダブルス練習会  定員8組 ※ペア参加 残り4ペアー

月例のメンバーはお申し込みと、カレンダーへの反映までに
タイムラグがありますので、ご了承ください。

※お申し込みはお早めにお願いします。⇒http://www.uniq-style.net/event/getsurei.html

あと一ヶ月もすれば秋の県ジュニアが始まります。

Share on Facebook

13:40 | ■下_日記 | タグ:

ブックマーク





問い合わせ

地域のサポート企業紹介