【丸谷調査団10】ジュニアが一番屈辱的なこと

From 丸谷調査団



5年ぶりに闘魂総順位を復活させ、
今月末と来月頭に連続して実施します。



そもそも闘魂とは、単に僕がプロレス好きで、
闘魂三銃士にかけただけのスタート(笑)



ベルト作ってチャンピオンに巻いてもらう、
という遊び心があったほうが



最後に笑って終われるやん
という企画でした。



久しぶりに復活した闘魂の話を
北川コーチから聞いて再確認。



やっぱり闘魂はいいね。



へとへとになるまで試合が出来るから。



今回の復活の目的は、チャレンジャー強化、
選抜の試合数不足とアカデミーの
小学生の勝ち数不足。



この世代の子供たちで
年間8~12大会くらいの試合数は
必要と言われている。



U1ではいいプレイができるけど、
県ジュニアになると緊張で落ち着かず、
慌ててしまい「普段と同じプレイ」をやらせてもらえない。



どうしよう、どうしよう… と思っているうちに、
試合が終わってしまう。 チーン。



0-6…
1-0…



レベル的には
それほど変わらないのに…なぜ…
という経験はないだろうか?



でもこればっかりは仕方がない。



これらを繰り返していく内に
「試合の中での自分の調整」のコツを
掴んでくるものだから。



だからたくさん試合が出来る大会を選んで、
たくさん経験を積むのがいい。



あ、でも注意事項が。



チャレ強、チャレ選クラスは
「たくさん大会に出る」のではなく、
「たくさん試合ができる大会」の方がいい。



このレベルはまだ1~2回戦負けも多く、持っている力よりも、
試合の方がうまくプレイが出来ない子が多い。



逆に、たくさん試合に出ても、
「うまくプレイできない経験」も
同時に積み重ねることになる。



これが幼い心には割りとダメージがある。



「なんでだよ…もっとできたのに…」 と思いながらも、
友達は勝って自分は負けた…



さらに帰りの車に親から小言を言われ、
帰った食卓でまたその話…



となると「試合に対して嫌な思い出」も増えていく。



そしてあまり遠くに行きすぎるのも考えもの。



遠くに行って1回戦負けすると
保護者もダメージがでかい。



「せっかく朝早くから出て
交通費もかけてきたのにあんな試合して…」
と文句も言いたくなる。



しかし1回の大会で何回も試合が出来る大会は
良くも悪くも



「何試合もやるうちに悪いプレイは忘れて
良いプレイを積み重ねることができる」



そしてジュニアにとって一番屈辱的な



「自分は負けて試合が終わりなのに、
友達はまだ勝ち残っていて
試合をやっているのを見ている」
ということもしなくてすむ。



だから負けても勝っても、1回の大会で
たくさん試合ができる大会を選んだ方がいい。



しかもできるだけ近場で、
またいつもと違う、やったことがない相手と。



まてよ。



それって、



もしかして、



闘魂やん(笑)



と、いうことで闘魂20は満席になったので
闘魂19残り3名で終了です。

 

迷っている人はコーチまでご相談ください。



回答してもらいたい、コーチを指定していただき
「生徒氏名、クラス、質問」をお書きの上info@uniq-style.net までご連絡ください。
※どんな小さな相談でもOKです。



指定していただいたコーチより2~3営業日以内に
返答させていただきます。



お申し込み&詳細はこちら↓

Share on Facebook

08:39 | ■丸谷_日記 | タグ: , , , ,

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介