【佐藤】試合で一番悔しい負け方とは!?

from 佐藤


佐藤僕が試合の観戦をする時には
「負ける」ことを覚悟しています。


負けない為には、
優勝しかないからです。


その優勝できるのは
出場者の中から1人だけです。


確率的に難しいのは
誰でもわかります。


だからこそ、その優勝を目指すことに価値がありますよね。


しかし、いつ負けるかわかりません。


もしかしたら、初戦でケガをする場合もあるし、
相手が絶好調になって、手がつけられない時もあります。


だから、どの試合も「負ける」可能性があり、
それを回避する為の準備をしなければなりません。


その危機感を持ちプレーできるか、
また、それをどうやって乗り越えようとしているか?


それを観ることを
今回の観戦目的の一つにしていました。


残念ながら今回の試合では、
「負ける」という危機感に打つ勝つことが
出来なかった試合が多くありました。


危機感を感じた時にイライラしたり、
焦ったプレーが目立ったりして、プレーが乱れました。


それはある程度予想していました。


練習で何度も同じことを伝え続け、
それでも同じようなことを注意され続けたからです。


日頃から僕はこう伝えています。


アドバイスを強制するつもりはない。
でも、僕が必要だと感じたことは伝え続ける。


そのほとんどが誰でも出来ることです。


声を出す、構える、ガッツポーズ、言葉遣い
諦めない、姿勢、歩き方など。


そのほとんどが目指すレベルに
達していないと感じています。


厳しく、強い口調で伝えれば
もしかしたら変わってたかもしれません。


でも、僕は強制しません。
言い方を変えれば、無責任です。


でも、それが一番の厳しさだと考えています。
何故なら甘えた選手には残念な結果が待っているからです。


要するに、甘えている選手は
自分の意志が弱い選手です。


それを自覚できた試合結果だと思います。


試合をするのは僕ではなく、選手自身です。
自分に責任を持つことが大切です。


責任を持たなかった結果が、
今回の結果に繋がったと感じています。


今後は自分への責任を持つことを期待しています。


「やらされる練習」ではなく、
「自らやる練習」が出来ることを期待します。


そうすることで、「負ける」という不安があっても
自分自身に期待が持てるようになり、自信を持ってプレーできる。


試合後にほとんどの選手に
同じようなことを伝えました。


なので、同じ失敗を繰り返さない為には
僕たちの指導が重要になると考えています。


伝え方を変えて、練習方法を変えて、
僕自身の取組み方を変えていく覚悟を持っています。


「負ける」覚悟をして観戦していますが、
それを乗り越えて勝った時が一番うれしいのです。


なので、僕も何度もこんな結果を観るのはイヤです。


次回はそんな試合を期待してサポートしたいと思います。


sozai_img_new

【エントリー強化クラス体験】
11月23日(日)

場所:第二浄化 時間:13:00〜14:20 担当:佐藤


対象者:夏のユニーク内大会エントリークラス優勝・準優勝者


申込み:メール(info@uniq-style.net)


sozai_img_new

【親子イベントやります!!】

11月24日(月)にクラブ内の親子テニスイベントを行います。


いつも子供たちをみて
「もっと出来るやろ~」と思っているお父さん、お母さん。


たまにはお子さんと一緒にコートでテニスしてみませんか?


日時:11月24日(月・祝) 場所:第二浄化センター


時間:①9:00~10:00  エントリー  2人1組1,980円 ②10:30~11:30 チャレンジャー 2人1組1,980円


定員:各クラス定員6組、親子2人1組で参加   担当:佐藤


※お父さん、お母さん参加どちらでも参加可能。2人1組での参加。
※振替はエントリー2回分、チャレンジャーは1回で参加が可能です。
ラケット貸出、基本的に2人1組での簡単な練習、初心者歓迎です。


各クラス定員6組なのでお早めにメール(info@uniq-style.net)にてお申し込み下さい!

sozai_img_new

Share on Facebook

2014年11月17日12:30 | ■佐藤_日記, 指導方針, 試合レポート

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介