【佐藤】ウィンブルドンで一番盛り上がっていること

from 佐藤

佐藤卓也
ウィンブルドンが始まり
早速、面白いニュースがありましたね。


世界ランキング772位の
マーカス・ウィリスという選手が
54位の選手に勝利し一回戦を勝ち上がりました。


1回戦敗退で3万ポンド(400万円前後)、
2回戦敗退で5万ポンド(700万円前後)ほどが
賞金額になるそうです。


どうして、それがニュースになるのか?


それは、彼が選手として
ツアーを回っているのではなく


1レッスン40ポンド(5000円前後)で
生計を立てているテニスコーチだからです。


どうして、ランキングの低い選手が
こうしてウィンブルドンに出場できたのか?


ウィンブルドン予選に出場するための
ワイルドカードを手にするための試合を
3試合勝ち抜き


ウィンブルドン予選を3試合勝ち抜き
本選でも1回戦を勝ち抜いたのです。


もう、7試合を勝ち続けているのです。


ランキングが高い選手に勝ち続け
最高峰の大会でも勝利をするなんて
本当に凄いことだと思います。


グランドスラムに出場したことがなく、
ATPレベルの大会にも出場できない選手が
いきなり、大注目されました。


しかも、2回戦で対戦する相手が
ロジャー・フェデラーです。


その結果は、3-0で
フェデラーが勝利しました。


ですが、こうして何かをキッカケに
一気に変化することがあります。


それをブレークスルーと言われたりします。


このブレークスルーを経験するには
条件があります。


それは誰でも知っていることで
もっとも難しいこと。


諦めないで、
「継続する」ことだと思います。


ニュースを読むと、選手として諦めかけた時に
彼女からのプッシュがあり再チャレンジしたみたいです。


今回のストーリーは本当に稀な事ですが、
誰にでもチャンスがあることを知れたと思います。


ジュニアでも県大会で
なかなか勝てない選手でも


もしかしたら、何かのキッカケで
来年には全国大会に出場しているかもしれません。


そのためには、まずは
「諦めないで継続すること」ですね。



 

 

 

Share on Facebook

2016年6月30日12:51 | ■佐藤_日記

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介