【佐藤】どうしてスポーツにはルールがあるのか?

佐藤卓也from 佐藤


U-1グランプリに向けて
特別練習会を行いました。


この特別練習会の目的は
ゲームを覚えることです。


ポイントの数え方、サーブの順番、
フォルト、アウトの判断などを覚えます。


ユニークスタイルではルールを覚える機会を
U-1グランプリという大会で作っています。


僕たちはユニークスタイルに通う子供達に
ゲームを体験してもらうことを
大切にしています。


なぜ大切にしているのか?


「困難を経験するため」です。


スポーツにはルールがあり、
あえて難しくすることで、
達成した時の喜びを大きくなります。


例えば、サッカーは手を使ってはいけない。
ラクビーは前にパスをしてはいけない。
バレーは3タッチ以内で返球する。


など、「点を取る」と言う目的を難しくすることで、
そのスポーツをより楽しめるようにルールがあります。


テニスにはラケットという道具を使うこと、
1バウンド以内で打ち返すことが
テニスの難しさを高めていると思います。


こうしてルールを覚えて、相手と競い合い、
勝ち負けを経験してほしいと考えています。


勝つことで困難を乗り越えた時の
喜びを経験して、


負けることで困難を乗り越える
難しさを知ることになります。


困難を乗り越える力は、
成長する過程で必要な力になります。


「人生の勉強をしよう!!」という
大げさなことではなく、


テニスというスポーツを楽しみながら、
ちょっとだけ難しいことに
チャレンジすることを経験してほしいです。


そこで勝つことや成功することへの
喜びや達成感を得るために、


全力で取り組む姿勢を
身につけてもらえれば幸いです。

Share on Facebook

2016年4月18日12:00 | ■佐藤_日記

お気に入り登録

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介