【過去ブログ】「失敗するかも」「負けるかも」と不安になる人へ

from 佐藤



低年齢の多くは、
このキーワードから調子を崩してしまいます。



気合いと根性だ?プラス思考になれ?で
乗り越えてきた人もいると思います。



それで乗り越えられる人は、
教えてもらえたモノではなく、
もともと持っていた性格だと思います。



では、不安をどうやって
乗り越えることを伝えるのか?



たくさん練習すれば、たくさん試合に出て
経験すればいいのではありません。



答えは簡単です。



「準備をする」だけです。



・凡ミスをする。
・30-40になる。
・ダブルフォルトする。
・イライラする。
・ビビる。




もしかしたら、大事なポイントで
相手のショットがネットインするかもしれません。



想定外の相手と競って、
タイブレークになることもあります。



不安になる人の原因は、こうした想定外の出来事に対して、どう対応するのかの準備が不足している証拠です。



どんなに注意しても、ミスをするし、
上手くいかないことが多くあります。



そんな時、「ピンチになったらどうするか?」を
準備しておくことです。



想定外を想定内にするだけで
不安が少なくなります。



良い試合とは、スーパープレイが多い試合ではなく、
忍耐強く自分が決めたことをやり続けることだと思います。



「失敗すること」「負けること」は
大人になっても続きます。



大切なのは、不安を取り除いて
挑戦するための準備をすることです。



それでもダメな時はあります。



でも、悔しさの中に、やり切った充実感は得られるはずです。



負ける事、失敗する事がダメなのではなく、
準備不足が後悔する原因になります。



練習は上達するためだけの時間ではなく、
準備する時間であることも忘れないようにしましょう。


Share on Facebook

2020年2月15日14:54 | ■佐藤_日記

お気に入り登録






問い合わせ

地域のサポート企業紹介