【佐藤】「点滴穿石」という四字熟語

from 佐藤


毎年、新たに目標を立てるつもりはなく
再確認をすることを大切にしています。


そこでいつも頭に残っているのが、


点滴穿石(てんてきせんせき)という
四字熟語です。


 一滴一滴の小さな水滴でも
長い年月を経ていくうちに


固い石にも穴をあけることが
出来るということから


わずかな努力の積み重ねによって
大きな事業が達成されるということ


を表す四字熟語です。


僕の解釈は、、


努力の積み重ねで
成果を出せるだけではなく

おサボりの積み重ねで
自分の成長を妨げる

そう考えています。


良い意味の四字熟語ではなく
悪い意味にも捉えられるってことです。


人は良くも悪くも
何かしらの積み重ねで成長しています。


人の印象っていうのは
その積み重ねで感じるモノだと思います。

良い人は
良い積み重ねが多く

悪い人は
悪い積み重ねが多く

強い人は
強くなる積み重ねが多く

弱い人は
強くなれない積み重ねが多く

積み重ねって
気付いたら変化しています。


だから、今の自分が
どんな積み重ねをしているか
気付きにくいです。


その気付きにくいこと
すぐに成果が出ないことに対して

コツコツ、小さな努力を積み重ねることを
当たり前のように続けること

そんな意味の
四字熟語だと考えています。


去年、どんな積み重ねをしてきたのか?


新しい目標を立てるより
それを振り返ることの方が大切だと思います。


2021年1月7日11:50 | ■佐藤_日記

お気に入り登録






問い合わせ

地域のサポート企業紹介