【シェア】スポーツ種目別の競技人口

「へ~」と思ったのでシェア 

引用:Copyright (C) 2013 プレゼン資料の元ネタ集 All Rights Reserved. 
 

■スポーツ競技人口 

  • 最も行った人が多いスポーツは「ウォーキング・軽い体操」
  • 2番目に多いボーリングを過去1年で行った人は約1500万人
  • 野球は10番目で約810万人、サッカーは11番目で約640万人

10歳以上の63.0%が過去1年間(平成22年10月20日~23年10月19日)に何らかスポーツ活動を行っています。
(参照:1年間で約7200万人がスポーツ活動を行っている)が、その中身を見ると、「ウォーキング・軽い体操」が最も多い活動です。

約4000万人(4017万人)の人が過去1年間に「ウォーキング・軽い体操」を行っており、10歳以上の総人口に占める割合は35.2%となっています。

次に多いのは、ボウリングで約1500万人(1462万人)、割合はの12.8%です。
2番目までは男女別に見ても同じですが、3番目に多いのは男女で異なります。

男性ゴルフ(練習場を含む)で、男性だけで約760万人が過去1年間にプレーしていますが、女性が少ないため、男女合計では9番目で割合は8.1%です。

女性で3番目に多いのは水泳で、女性だけで約570万人です。水泳人口は男性も多く、男女あわせると約1200万人で男女合計でも3番目(10.5%)となっています。

スポーツ種目として、思い浮かぶ人の多い野球とサッカーは女性の競技人口が少ないので、男女合計では10番目(野球)11番目(サッカー)となっています。

下記に詳細を表にしました。

 

スポーツ種目別の競技人口


過去1年間にそのスポーツを行った人数および10歳以上総人口に占める割合

男女合計
順位 種目 人数(千人) 割合
1位 ウォーキング・軽い体操 40,172 35.2%
2 位 ボウリング 14,621 12.8%
3 位 水泳 12,030 10.5%
4 位 器具を使ったトレーニング 11,243 9.9%
5 位 ジョギング・マラソン 10,956 9.6%
6 位 登山・ハイキング 10,457 9.2%
7 位 サイクリング 10,110 8.9%
8 位 つり 9,281 8.1%
9 位 ゴルフ(練習場を含む) 9,240 8.1%
10 位 野球(キャッチボールを含む) 8,122 7.1%
11 位 サッカー(フットサルを含む) 6,375 5.6%
12 位 スキー・スノーボード 6,043 5.3%
13 位 バドミントン 5,426 4.8%
14 位 卓球 5,121 4.5%
15 位 テニス 4,750 4.2%
16 位 バレーボール 4,558 4.0%
17 位 バスケットボール 3,950 3.5%
18 位 ソフトボール 3,538 3.1%
19 位 ゲートボール 788 0.7%
20 位 剣道 779 0.7%
21 位 柔道 603 0.5%
22 位 その他 6,696 5.9%
(出所:総務省『平成23年社会生活基本調査(生活行動に関する結果)』)

Share on Facebook

2014年1月31日15:32 | 小ねた情報

ブックマーク

 
 
 


問い合わせ

地域のサポート企業紹介