【梅澤】「子供へのご褒美」何を基準にすると良い?

こんにちは。

ユニークスタイルの梅澤です。


 


子供をお持ちのお父さん、お母さん

にはよくあるあるだと思いますが。


 


子供へのご褒美って何を基準に与えて

いますか?


 


テニスといったスポーツに限らず、

学校のテストの結果、運動会など、


 


何か特別なことがあったときに、

ついついご褒美をあげたくなり、

与えてしまう。


 


欲しいものを買ってあげる。


 


子供を教育していく、

しつけの上ではあまりよくないかな


 


と感じながらも買ってあげてしまう。


 


このご褒美を上げることに関しては、

良いと思うのですが、


 


それが結果を基準にしている場合、

ここは少し気になりますね。


 


なぜなら、

ご褒美は結果で左右されるのか?

というところです。


 


例えば、


 


「テストの結果が良かったから、

○○かってあげる」。


 


「試合負けたから、○○は買えない

けど、ガチャガチャやったらえぇよ」。


 


結果でご褒美が変わったり、

もしくは内容が変わる。


 


こういった結果での変動に、

子供はどう感じるのでしょうか?


 


恐らく、

結果が評価になると感じるでしょう。


 


このような接し方を子供にしている

親の言葉がイメージできます。


 


「○○(子供の名前)、試合で勝って

くれてお父さんは嬉しいでぇ!」


 


と言うでしょう。すると子供は、


 


「そっか。お父さんは、自分が試合で

勝つと喜んでくれるんだ」。そう感じ

ます。


 


そういったことを繰り返していく

うちに、


 


「自分が試合で勝たないと、お父さん

は喜んでも、嬉しくもないんだ」。


 


しかも、試合はいつも勝つわけでも、

ましてや勝ち続けられるもんでもあり

ません。


 


負けが多くなってきたり、負け続けると

親の嬉しいという言葉や笑顔をなかなか

聞けない、見れない状況になり、


 


大会に出ても、試合しても結果が出ない

ことで、「自分は評価されていない」と

よくない思考や理解につながりかねません。


 


こうならないためにも、結果での評価では

なく、


 


「目の前の試合に一生懸命だったか」


「大会(テストも含め)まで、全力で

取り組んできたか」


「ベストを尽くしたのか」


 


こういった行動や過程に対しての評価

してあげることが、子供を伸ばすことに

つながります。


 


ご褒美や何かを買え与えてあげる場合、


 


子供に対して、

「何にご褒美が与えられたのか」。


 


これが理解できるやり方だと、

自分の評価は
何でされているかを

理解
します。


 


確かに、

試合に勝ったり、

テストの結果が良かった、

目標をクリアした


 


それらは本人も親も嬉しいものです。


 


ですが、

先程にもありましたが、


 


毎回そういった結果ばかり

ではありません。


 


スポーツも勉強もたいがい、

壁にぶつかり、


 


そして試行錯誤しながら

越えていきます。


 


その多き壁の前で、

結果でしか前が見えないと、


 


「自分はなんてダメなんだ」、

「自分なんて価値がない」


 


といった間違った受け取り方を

してしまうかもしれません。


 


少し話が大きくなりましたが、


 


親としては、

子供の一生懸命頑張ったことを

評価してあげてほしいですね。


 


例え試合で負けとしても、テストの

結果が悪かったとしても、


 


「一生懸命頑張ったことが嬉しい」

「また次に向けてやれることをやろう」


 


そんな言葉で子供に話しかけてあげる

だけで、


 


「自分が頑張ろうとすること、頑張って

いることが嬉しいんだ」と受け止めます。


 


一生懸命に取り組むこと、

ベストを尽くすことへの価値を

子供自身が見出し、頑張れるようになります。


 


そうなってくれば、

ご褒美に左右されるのではなく、

自身で目標へのプロセスを大切にでき、

自ら努力しようとするように成長していく


でしょう。


 


親が子供をサポートしていくのは、

子供の一生懸命だと思います。

Share on Facebook

2020年6月4日14:00 | ■梅沢_日記

お気に入り登録





問い合わせ

地域のサポート企業紹介