【佐藤】チャレ強のみんなを指導して

from 佐藤


2週間に渡って、計5日間の
ウィークエンドキャンプが終了です。



この5日間は普段指導しない
チャレ強化を担当しました。



今回はキャンプで
気付いたことをお伝えします。



一言で言えば、
「可能性がある」ってことです。



でも、可能性があるけど
どうやってその可能性を伸ばすのか?



可能性を高めるためには
「継続性」が重要です。



この5日間参加した子と
数日参加した子、参加しなかった子



当たり前のように
差が広がります。



また、この5日間は
毎日違うことを伝えました。



・ソフトテニスボールで遊ぶ感覚
・テニスは対人ゲームであること
・基本、ドリル練習の重要性
・タイブレークの進め方
・サーブ「当てる・振る・ジャンプする」



毎日参加した子は
次の日も覚えているけど



前日を参加していない子は
どんな練習したのか知らないから



何をしたらいいかわからない
理解するのに時間がかかる。



この差が「継続性」
だということです。



練習で重要なのは
技術練習だと思われやすいですが



それよりも理解度・継続性です。
技術はその成果になります。



そして僕の経験上
継続性がある子ほど
理解度が深まってきます。



その成果が技術上達になり
結果に出たりしてきます。



そこで勘違いしてほしくないのは
毎日練習に参加することが
大切ではありません。



練習に参加した時の
練習内容を理解すること



練習がない日に
テニスに関わる時間を過ごすこと



この2つが大切で
出来ている子は週1回の練習でも
上達します。



ただし、何年かに
1人・2人ぐらいだと思います。



そんな子は
学力が高い場合が多い。



なので、多くの子の
可能性を高めるために



チャレ強化以上には
練習回数を増やすことを
勧めています。



この5日間は
みんなの可能性を高めるために
必要なことを伝えました。



最後に伝えたのは、
日々の練習を頑張り



「忘れないこと」
「意識すること」



が大切でそのために
テニスノート・カルテに記録すること



それを続けることが出来れば
自分の想像を超える成果が出るぞ



って伝えました。



県ジュニア出場者は
あと1か月ちょっとです。



出来るだけ練習に参加して
全力で頑張ってください。

 

Share on Facebook

2019年2月20日12:38 | ■佐藤_日記

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介