【佐藤】全くテニスと関係ないキャンプ

from 佐藤



参加した子供たち



承諾してくれた
保護者の皆様



たまには子供たちを
叱ったけど



楽しい時間を
過ごすことが出来ました。



参加してくれて
ありがとうございました!!



いつも行う
テニス合宿では



練習に特化した
日々を過ごすだけでなく



食事に対しての意識



より練習に集中するための
生活面、自己管理の意識



テニス合宿という
特別な環境下で指導することで



子供たちの意識改革を
起こそうと取組んでいます。



今回のキャンプでは
テニス合宿とは違った視点で



子供たちを観れて
僕はとっても新鮮でした。



スポーツを学ぶということは
身体を動かすためだけでなく



頭、心、思いやり、気遣いなど



人として必要なことを
学ぶための手段の一つが
スポーツだと思います。



でも、どうしても練習では
テニスのスキルばかりを
観てしまうので



テニスから少し離れた空間を
一緒に過ごすことで



新しい気付きを得られました。



このキャンプでは、
テニスとは関係ない時間を
過ごすことで



子供たちの素を
観ることが出来ました。



題名では
「テニスとは関係ない」と
言っていますが



テニスのスキルとは
関係ないですが



テニスを通じで
成長することとは



とても大切な
関係性があると思っています。



みんなで一緒になって
協力すること



チームのリーダーになって
引っ張ること



みんなの行動に合わせて
一緒に過ごすこと



その場の雰囲気を読んで
行動すること



ほとんどの子供たちは
一つ一つがアンバランスで



リーダーになって
引っ張ろうとするけど
自分だけ先走る子だったり



気持ちが乗らなくて
1人だけグループから離れたり



自分がやりたい事が出来ないと
スネて何もしなかったり



全てが上手く出来る子は
ほとんどいませんが



そのアンバランスは
置かれた立場によって
変わってきます。



何より大切なのは
その色々な立場を



低年齢時から経験しながら
育つことだと思っています。



僕たちは基本
「テニス」を通じて



子供たちの成長を
サポートをしますが



こうした時間を作って
一緒に過ごすことで



テニスを通じてのサポートを
より良いモノにできると思います。



参加してくれて
ありがとうございました。


Share on Facebook

2018年10月16日15:19 | ■佐藤_日記

ブックマーク



問い合わせ

地域のサポート企業紹介