【梅澤】「集中!」に具体性を持たせると良い理由とは?

こんにちは。

ユニークスタイルの梅澤です。


 


練習をしているとき、

また試合中に上手くいかないと

使うあの言葉。


 


これからの試合に入ろうと

する子供に親が使うあの言葉。




みんながよく使うあの言葉って

何でしょうか?




たぶん、

「集中」ではないでしょうか。




この言葉自体は、

とても良い言葉だと思います。


 


なぜなら、

今すぐ自分にできること

だからです。




ですが、

せっかく良い言葉を使っても、

具体性が含まれていなければ、

もったいない
と思います。




何に集中するのか?

どのようなことを集中するのか?




集中にもこのような具体性を

持つことで行動にも影響が出ます。




もっというのであれば、

結果要素を含む集中は、

注意をした方が良い
です。




声を出して一球一球を打つ

ということに集中するのは

良いと思います。




しかし、声を出して点数を取る

ことに集中するのは、

少し曖昧な感じがします。




ではどうやって点数を取るのか?




テニスは相手がある競技なので、

相手にも作戦があります。




その作戦に負けず、

自分の点数にするためには、

どのような行動を取るのか?




オーソドックスに分かりやすい

例でいうと。




高い打点でしっかり振り切る。

フォアで回り込んで打つ。




簡単な例ですが、

一点を取るために「何に集中するか」

の具体性が掴めると思います。




集中で大切なことは、

「今何ができるのか?」

ということです。




それが分かれば、




「今できることに集中!」

という気持ちになるでしょう。




そうなれば、

目の前の状況にも前向きに

チャレンジしていけると思います。




練習中や試合中に、

「集中!」と自分に声を掛ける

場面がある場合。




具体性のある言葉を、

集中の前につけて言ってみよう。




親も子供の試合前に声を

掛けるとすれば、




子供が、

今何をやろうとしているのか。

何ができるのか。




こういったことを

確認してあげて送り出すと

いいと思います。


 

Share on Facebook

2020年7月2日13:00 | ■梅沢_日記

ブックマーク






問い合わせ

地域のサポート企業紹介